TOPへ戻る

知的障害児童への診療

当院では知的障害児童への診療を積極的に行っております

小児用の個室を設けて発達障害児童や歯科に強い恐怖心を持ったお子さんの診療を専門的に進めてまいります。
お子さんの意思を大切にした診療を行うため、無理に抑え込んだりせず、トレーニングをはじめとしてまずは、歯科に慣れて頂きます。
また、発達障害児童に関しては、児童心理士の先生からもアドバイスを受け、診療を受けやすい環境作りに努めてまいります。
親御様にも一緒に入室して頂き、リラックスした状態で治療が受けられるよう心掛けてまいります。

知的障害児童への診療

知的(発達)障害児童と言いましても、その障害の状態は様々です。

音に過敏なお子さんもいれば、身体を触られるのが嫌いなお子さん等、でも、往々にして皆さん環境の変化を一番嫌がるお子さんがほとんではないでしょうか。そのため、新しい所へ行くことを嫌がるので、ましてや自分がこれからどんな事をされるのか、 想像できないことにも強い不安感をいだいてしまうようです。

ヘッドホン キッズコーナー

当院では、視覚から理解していくことの多い発達障害のお子さんに対して、これから何をするのかということを少しでも理解できるように絵カードを用いて誘導してまいります。
また、音に過敏なお子さんにヘッドホンをご用意させていただいています。
新しい事、場所に不安を感じる発達障害のお子さんには、まず、場所に慣れて頂くことから始めます。
キッズコーナーで遊んで少し、心が落ち着いてきたところで、まずは、慣れるまで親御さんと一緒に診療室に入室していただきます。

専用の治療ルーム 歯ブラシ練習


専門の個室を用意してありますので、中ではまず、恐怖心を抱かせるような機材類を見せずに、簡単な歯ブラシの練習などを親御さんと一緒に練習していただいたり、実際に模型などを利用して、歯医者さんになってもらい、治療みたいなことをしていただきます。

恐怖心を和らげるため歯医者さんごっこ

自分が歯医者さんになってみることで、こんな治療をされるんだ~ という理解度が上がっていき、少しづつ恐怖心が薄らいでいきます。
慣れてきたら、次はフッ素塗布などで歯質の強化をはかりつつ、 バキュームの練習、お口ゆすぎの練習、実際に切削器具の音を聞いて慣れてもらい何度もそれらを繰り返し繰り返し、行っていくことでトレーニングを進めてまいります。
慣れるまで何度も根気強く通っていただかなければならないため、親御様には、大変なお手間をおかけてしまいますが、本人の治療に対する恐怖心の克服、治療への自律心を促すため是非、ご協力お願い致します。
尚、診療個室はシンプルな作りにすることで、お子さんの気が散らないよう配慮していきます。
これは、いわゆる遊ぶところと治療を行う所は違うのだとお子さんに理解していただくためです。

お子さんにピッタリの治療を行うために…

それぞれ、お子さんの個性は異なりますので、一番お子さんのことをご理解していらっしゃる親御様には、色々とお子さんの特徴例えば、 普段好んで食べるものや何に敏感なのか等詳しいことをお聞かせください。
その状態にあった、トレーニング方法をおこなっていきます。
その他にもお気づきな点等ございましたら、いつでもご相談ください。
専門の児童心理士さんからもアドバイスをうけ、対処してまいります。

Healthy Smiles For Autism Dentalguide for autism child