TOPへ戻る

入れ歯

いつまでも、美味しくお食事が取れるようできる限り良い義歯をお作りしたい。
正直、入れ歯では本来の天然の歯の様に食事をとることは、難しく味も半減してしまうことは事実です。
ですが、できるだけご自身の歯肉の形にフィットさせることで、ものがはさまったり、お口を開けると外れてしまうというようなことを防ぐことができます。

いい入れ歯の作り方

入れ歯といっても口腔内において、その欠損の仕方や総義歯の場合出来上がりの形態も大きくかわってしまいます。

総義歯の場合

唾液の性質や、歯が欠損したあとの顎提(歯肉と歯槽骨)の状態、これは、歯が欠損してしまうと、だんだん骨(歯槽骨)がやせてしまうことと、それに追いうちをかけるように、入れ歯を使用することで負担がかかり、残った歯肉を吸収し始めてしまうので、入れ歯が徐々に合わなくなってきてしまいます。そのような合わない入れ歯を使用し続けた結果、顎堤がもっと痩せてしまい、やがてほぼ平らな状態まで進行してしまいます。この状態まで進行してしまうとどんな入れ歯も外れやすく、痛みも伴います。フィット感の悪い入れ歯だとお口の中で動きやすいこと、また、食べ物などが挟まりやすくなること、それによって褥瘡性潰瘍(歯肉に傷がついてしまう)というような症状を引き起こしてしまい、痛みで食事が取れないということもあります。
これでは、気になって、美味しい食事も楽しめませんよね。

部分床義歯の場合

部分床義歯では、通常の形態だと、金具がかかる歯に負担がかかってしまい、ひどい方だと歯が抜けてしまいます。
ただし、これらは、あくまで、入れ歯を入れた場合のデメリットです。
この入れ歯を入れた状態でよくお手入れや歯科でのメインテナンスを定期的に行うことで、顎堤の吸収はかなりふせげるようになるのです。(ただし、個人差はありますので、ご了承ください)。
フィット感のいい入れ歯を作るには、いかにいい型取り(印象)をとるかが問題になってきます。
当院では、できるだけ丁寧に型取りをするため、通常よりもお時間がかかることもございますが、 なんといっても、患者様ご自身がおいしく食事をとるためですので根気強く通っていただき、丁寧にお作りしていきたいと思っております。