TOPへ戻る

歯周病治療

皆さんは、歯周病が死に至る病気を引き起こすこともある事をご存知ですか?

最近、死亡者数が増えている誤嚥性肺炎の原因になったり、狭心症等の心疾患も引き起こすこともあります。
当院では、歯周病の予防をはじめとした治療を専門的に行っております。

全身疾患につながる歯周病

歯と歯ぐきの隙間から細菌(原因菌)が入り込み歯を支えている歯ぐきや骨、歯根膜などの歯周組織を壊していく病気で、歯肉炎と歯周炎に分けられます。
その進行状況により歯ぐきの発赤・腫れ・出血、口臭、歯のぐらつきなど様々な症状が現れます。
さらに歯周病はお口の中だけに留まらず、全身にも悪影響を及ぼすことがわかってきました。
歯周病菌やその毒素は、血流にのってお口から全身へ運ばれたり、気管から肺へと進入したりして、身体へ影響を及ぼします。
歯周病が重くなってくると、歯周組織から炎症物質が異常分泌されますが、この炎症物質も血流にのって全身に運ばれ、身体に影響を及ぼすのです。
そして、歯周病を放っておくと、最後には歯が抜けてしまい、食生活に悪影響を及ぼします。

歯周病の治療の流れ

歯周検査による進行度の把握
スケーリング(まずは、歯肉縁上の歯石の除去を行います)
詳しい2度目の歯周検査
(この時点で歯周病がある程度改善されている場合は、定期的なクリーニングへと移行していきます。)
改善がみられない場合は、歯肉縁下(歯肉の中)歯石除去(SRP)を行います。
その後一定の時期を置いて回復度を確認し、尚且つ改善がみられない場合におきましては、歯周外科的治療を行っていきます。

改善されてからも定期的なメインテナンスをお勧めします。
歯科衛生士による特別なクリーニング(PMCT)も行っております。

PMTC・クリーニングについて詳しく見る